NAMI's LIFE
75c..NAMIの個人ブログ

伝えたい想い。「変わらない」もの。
大切な人へ・・・
いつでも私は、ここにいるよ。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
待つこと

 

待つのは苦手。

昔から

すぐに動かないと吐きそうになっちゃう。

 

でも

待つ方がいい時もある。

大人なんだしね。

 

なるようになる。

そんな風に

前は考えられなかったけど

いろんな時間がたってきっと

少しずつ

分かっていくようになるものなのかもしれないな。

 

 

 

 

| 21:19 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の景色

今日はお天気。
気持ちまでなんだか
晴れやかに。



| 13:28 | ニチジョウ | comments(0) | trackbacks(0) |
子供のころに

子供のころ

すぐにばれるうそをついて

すぐに怒られて

それを繰り返す妹をみながら

不思議に思ってた。

 

なんでバレるうそを

つくんだろう。

何度も何度も。

 

きっと

ばれると思ってないからつくのだけど

毎回毎回ね。

 

だけど

大人になって思うことは

自分の経験してきた

いいことも悪いことも

自分の【身】になっている人は

同じ失敗を繰り返さない。

繰り返しても

軽減してる。

 

要するに

悪いと思っていないから

人を傷つけても

何を言われても

自分は、正当。

 

自分が苦しいから

話をしちゃう。

 

分かる。

分かるけど

やっぱり

味方はいなくなっていくんだな。

 

言われたことが

今になってわかることはたくさんあるんだけど

ちゃんと

駄目なことを

駄目なんだと叱ってくれることに対して

背を向けなければ

きっといつか、【身】になるのだと

信じて過ごしたいものだ。

 

 

| 00:08 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |
そんな風に

 

もしもの話。

 

もし明日死ぬなら

誰に会いに行くかとか

何をするのかとか

そんな極端なことではないのかもしれないけど

 

それくらい大事で

それくらい重要なことを

先延ばしにしたり

見ないふりをしたりすることは

 

結局全部自分に返ってくるのだから

 

目の前のいろんなもやもやから逃げるのではなく

ちゃんと

目を見開いて

どうするのかを

しっかりと決めていくしかないんだから。

 

自分では

予測することのできない

外的な要素にいちいち振り回されないで

どーんと

あるがままを、受け入れて

 

さあ、どうする。

 

そんな風に

ゆとりと?

余裕と?

それから

希望をもって、毎日を過ごしたい。

 

過ごしたいんだ。

 

| 00:05 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |
おともだち

同じ部活のお友達のバースデーを
みんなでお祝いしようと
色々企画。

具合が悪いの気づかれないように
よく頑張りました。



| 20:20 | カゾク | comments(0) | trackbacks(0) |
少しだけ

言葉にしたことは
自分に返ってくるからね

あと少しだけ
誰かを思って

あと少しだけ
未来を見据えて

あと少しだけ
深く考えて

あと少しだけ
前向きに

そしたら少しだけでも
先に
きっともっともっと
全然違う景色が
きっと見れるんだけどね。



| 00:40 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |
りょくちゃん

今日は甥っ子とおでかけ。





まだ1歳なのに
とってもおしゃべりが上手で
いつも優しいりょくちゃん。

今日は珍しく
りょくちゃんだけがお留守番で

一緒に車を洗い(水をかけてくれた)
お買い物に行って
もらった風船をボールがわりに
元気いっぱい遊びました。

1人ならなんとかなるかも、と、思った今日。

| 20:00 | カゾク | comments(0) | trackbacks(0) |
体育大会

何度も
体育大会を運動会と言ってしまい
言い直されて
ついに当日。

奄美大島での高校時代を思い出す
地域の行事!って感じの
中学の体育大会。





みんな本当に一生懸命だし
4点差で娘のチームは負けて
3年生は全員泣いてたんだって。

必死になるのとか
とても、いいなと思う。

毎日の練習で
体操着焼けして
真っ黒な娘の姿が新鮮で
なんだかとても嬉しい一日でした。

お疲れ様!


| 22:10 | カゾク | comments(0) | trackbacks(0) |
湯布院2日目

 

湯布院の2日目は

朝食を食べながら

話し始めたらあっという間に時間が過ぎて

慌てて準備。

 

娘はとっくに学校に行って

私たちは突然予約をしたピラティスへ3人で。

 

それぞれの体の特徴を感じながら

ピラティスの後は急いで別府へ!

 

妹のおすすめで

どうしてもどうしても別府のお寿司屋さんに行きたいとのこと・・・

咲さんとわかこも大喜びで

ピラティスから急いで向かおうとしたところ

LINE....

 

GWの代休だったと・・・・w

 

なんだかみんな途方に暮れたけど

ピラティスの先生から

おすすめを急きょ聞き(先生は別府出身でした)

天丼のおいしいお店に変更〜

 

 

こちらのお姉さん

まさかの妹の知り合いでした。

顔の広さにびっくり。

 

そしてもりもり天丼おいしかったし

まさかの750円!

5人でお寿司まで食べたのに

4700円だって。

恐るべし地元価格!!

 

おなか一杯になった後は

長湯温泉にある、ラムネ温泉とやらへ・・・・

 

どこも湯布院から1時間くらいということで

私もこちらに来てから初めての小旅行気分。

 

妹の運転で女4人

おしゃべりしながらラムネ温泉をめがけ。

 

 

可愛い外観に

わ〜〜ってテンションがあがったけど

入ったらちょうど団体様がいらっしゃり

すごい人数で温泉へ。

 

32度の低温でプチプチと炭酸の温泉につかりながら

若干寒かったけど

気持ちのいいリラックスタイム。

 

早く山道に慣れて一人で?どこでも行けるようになりたいと思って

帰りは咲さんと2人で

私の運転でクネクネ道を運転〜

 

 

海より山が好きな私は

こんなのどかな景色が最高に癒される。

運転できるようになって本当によかったなと思うひと時。

 

帰り道

お花屋さんに寄ったり

甥っ子たちをお迎えしたり。

 

 

夕方

なんだかみんな疲れて

スタジオでまったり・・・・・

 

 

写真って

日常がなんだかとても素敵に残るんだ。

 

咲さんとわかこと

2人の写真のおかげで

素敵な思い出が増えました。

 

夜は

妹夫婦とたき火を・・・・

 

 

夜中まで

寒くてカーペットにくるまって

それでも終わらない話をしながら

久しぶりに遅くまで。

 

いろんな時間の積み重ねで

本当にいいものを

本当に探しているものを

ちゃんと見つけられるように

ちゃんと分かり合えるように。

 

そんなことを考えた2泊3日。

重ねた時間を

大切にしていこう。

 

 

 

 

 

| 00:57 | ナカマ | comments(0) | trackbacks(0) |
湯布院初日

 

4月から始まった湯布院での生活。

 

東京での暮らしと

全然違うここでの時間は

まだまだ自分の中で流れを作るのに時間がかかってはいるんだけど

確実に

思っていたことをひとつひとつ

ゆっくりでも、形にしていっている、最中。

 

そんな中

咲さんとわかこが

お仕事だけど

湯布院に来てくれました。

 

 

まずは

空港を出たらすぐにある足湯で。

私は

空港に早く到着しすぎて、寒くなって2人が出てくる時には

足湯に入って待ってました。w

ビニールを無料でくれるので

スキニーをはいてても問題なし。

 

そして

日本で一番今、運気がいいと言われた宇佐神宮へ。

 

私の運転で

高速に乗って空港にお迎えに行って

そこからの移動。

いろいろ迷うけど

3人一緒だからね

なんだか楽しいんだ。

 

大笑い?

大騒ぎ?の、ハプニングもあったけど

人があんまりいない広い神社で

なんだかとても、気持ちがよくて。

 

そこから

宇佐市で検索して

おすすめポイントに行ってみた。

 

お茶と

藤棚がすごくて

なんだか癒されポイント。

 

 

帰り道は

スムーズに。

 

 

なんとなく運転も

この日で慣れたような。w

おしゃべりしながら帰れました。

 

娘のヒップホップの終了時間をまって

夜は妹おすすめの焼肉屋さんへ。

 

 

待ってる間に

湯布院の駅周辺をお散歩。

 

 

夜になると

まだ7時なのに

人が全然いないんです。

 

 

咲さんは

落ちてるお花ですぐにアートを。

 

初日から

たくさん話して濃厚な1日を。

 

続く。

 

 


 

 

 

 

 

| 00:41 | ナカマ | comments(0) | trackbacks(0) |