NAMI's LIFE
75c..NAMIの個人ブログ

伝えたい想い。「変わらない」もの。
大切な人へ・・・
いつでも私は、ここにいるよ。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
帰り道の出来事

もう少し時間がたちすぎてしまったけど

帰国してから、毎日があわただしくてせわしない・・・

 

体調がなんだか悪くて

気持ちがぱっとしないから

もう一度、自分の気持ちに立ち返ってみよう、と思ってブログを開いたら

まだ、公開してなかったな、最後のブログ。

 

パリからの帰り道。

いつもは通路側の席がマストなのだけど、

この日はラッキーなことに、空席がたくさんあって

私の隣の窓側も、誰もいなかった。

だから、なんとなく優雅に2席使っての帰途。

 

なんだかとっても心の余裕。

なんでだろ。w

 

夜19時発の便だったから

夜だし、寝て帰る人も多い。

 

だけど、まだ19時。

なんとなく、機内は真夜中のモードだったんだけど、

疲れてたのか、映画を見る気にもなれなくて

なんとなく、ぼーっとしたり

本を読んだり

雑誌を見たり。

 

夕食を済ませて

コーヒーを飲みながら外をみて

ひたすら考え事のような、空白の時間。

 

 

窓側だととなりの人に気を遣うから

いつも通路側にしてるけど

パリの夜景をみながら、やっぱり窓側っていいなと思ったり。

 

パソコンを広げて少し、仕事をしたりしながら

なんとなく、久しぶりに

心の中の気持ちを、整理したりして

ワードに想いを書き綴る。

 

そしたら不思議と

いろんな気持ちがこみあげてきて

私の2週間のパリとロンドンでの時間は

とっても、大切な時間だったんだなあと思い返す。

 

今までの自分と

これからの自分。

 

もっと、明確に

自分に向き合っていく覚悟とか、そういう感じの時間。

 

反省も、いっぱい。

でも、目標も、明確。

 

それについて、やるべきことも。

 

そんなことを一人、心に誓ったりしてたら

パリの時間でちょうど夜中0時を回ったころ

周りの人はみんなアイマスクとかして眠ってたんだけど

JALのCAさん

小声で私の後ろの読書灯を付けていたおばさまに、なにやらオーロラの話をしている。

気になって私もパソコンを閉じて、外を見る。

 

う〜ん。

オーロラ??

なんのことやら。

 

でもなんだか、羽の上から不思議な光景。

森林の中を、飛行機が低空飛行しているような。

そんな景色が広がってる。

 

なんだろ?これ?と思ってたら

CAさんが、今度は私にも聞いてくれた。

オーロラ、わかりますか?って。

 

全然わからない。

オーロラ??

 

数年前、オーロラが見えるとパリ行きの飛行機の中で隣のおじ様が教えてくれて

一度だけ、きれいなオーロラを飛行機から見たことがある。

ちょうどシベリアの上空だった。

 

そしてその時も、シベリア上空あたり。

こんなにきれいで大きなオーロラは

1年に1度見れるかみれないかなんだと、機長が、起きている人にはご案内を、と、言われたそうです。

 

しかもね

私、左側だったんだけど

左側の窓からしか見えないと。

私が森林の中だと思ったそのもやが、全部オーロラなんですよ、と。

 

座席のモニターのライトをすべてオフにして

うっすらと、緑色のオーロラを確認。

とっても場所が近いから

地上で見る感じとは全然違うんだと言ってた。

 

旅の終わりに

私の決意の後すぐに、なんだか贈り物をもらった気分になって

ちょっと、いてもたってもいられなくなり

もう一度閉じたパソコンのスイッチをオン。

 

もう一度、自分のやる気をつらつらとつづってみた。

そして、そのころにはもうだいぶ時間がたって

なんだか興奮状態でパソコンを切り

さあ、私も寝ようかなと外をみたら

 

さっきよりも

はるかに大きくくっきりとしたオーロラが!!!

 

緑色にきれいにカーブしてて

さっきよりも、もっとわかる。

圧巻の、美しさ。

 

わかってる。

iphoneなんかじゃ、撮影できない。

 

飛行機の中の明かりが少し反射して映るだけ。

それでも

私の興奮を何となく記録したくて

写した一枚。

 

なんともラッキーな旅の終わり。

 

いろんなことを考えながら

そのあとゆっくり眠って

起きたら今度は、きれいな朝。

 

飛行機の中で

こんなにも神秘的な時間を過ごすのも、久しぶり。

何事も

なれると感動がなくなるから

もっともっと、自分に与えられた時間と環境に

深く、関心を持っていきたいなと思った出来事。

 

2019年のスタートは

こんな奇跡みたいな時間が後押ししてくれているような

そんな気持ちになっての帰国でした。

 

帰国からもう2週間くらいだけど

もう一度あの時の気持ちになって

もう少し

自分に喝を入れて、毎日を過ごしていこうと思うのでした。今。

| 16:20 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
Praluline
Praluline(プラリュリーヌ )

昨日1日歩いて購入した、ブリオッシュ。





荷物がすごくて毎日割と大変な帰り道。
19時フライトの最終日
朝はこれとともに
美味しいグレープフルーツを。

あんまり甘いものを食べなかったから
最後のご褒美?的な。

ゆっくり起きて
朝食を食べて
一駅お隣まで郵便局に。

そこからカルフールに立ち寄り
スーパーの中をぐるぐる徘徊。





パテとか持ち帰りたいくらい。

行きはバス
帰りは歩いてCréteilの街を少しお散歩。





荷物がすごいからちょっとびびって早めに空港に向かいました。



でも、免税手続きもガラガラ
スムーズ過ぎて時間を持て余してしまいました。

だけど
最後になんだかゆったりと今回の出来事を振り返ったりして
とてもいい時間に。



搭乗ゲートの付近に回転寿司ありましたー

色々スムーズで
なんだかとても幸せな帰途。

実はまだこれからすごいことがありましたが、
ひとまずここで。

| 04:40 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
日曜日
週末は蚤の市にいくんだけど
今回は贅沢に2回の週末があったし
先週とってもいい買い物ができたので
この日は、Parisの街をふらっと歩きたくて
昼前に家を出ました。

なほちゃんちは、Paris郊外で、バスチーユまで35分くらい。

郊外の住宅地で
Parisとは建物の外装が全然ちがうから、
フランスにいる!って感じがあまりなし。

でもやっぱり家は広いし、綺麗でなんだかとても落ち着いてて
今回何度も歩いた駅までの道のりが
何とも気に入ってしまった。



会長との再会から早10日ほど経って
またもやバスチーユ。

一本でいけるから、とても楽。

そこから一人、ガレットのお店でランチして優雅な気持ちでノートを広げる予定が
入ったお店は完全に南米系のお店で
ラテン音楽ガンガンかかってる。w

一人で何だか引き下がれずそのままランチ、
そしてすぐにまた歩く。

日曜日閉まってると思ってたチョコレート屋さんが開いてることがわかり
そこまで徒歩20分。

ゆっくり歩いていきました。







途中途中
気になるものもたくさん。
気になるお店もたくさん。







無事に目的のお買い物もできたし
ポンピデューセンターから
オテルドヴィルを通って
ノートルダムまで。

歩いた〜







途中色々寄り道。
これが意外とすごい出会いがあったりする。

歩いて、見つけていくから
買ったものたちへの愛着も、半端ないんです。
スタジオには、そんなものが集まってるから
何だか自分のParis歴史みたいな。w

お土産やさんも
Parisのアイテム割とかわいいし
お店ごとにおいてるものや値段もバラバラだから
何だか楽しくて
一人で何軒もはしごしちゃった。







いつもの橋には、この日もアコーディオン引いてる人がいたり。

帰り道のセーヌ川も
本当に美しい!!

毎日曇ってたけど
この日は久しぶりのお天気で
寒かったけど、なんだか気分のいい一日。



再び最後はバスチーユ。
今回一番使った駅でした。

バイバイ!また来るね!


| 23:20 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
Jean-Paul GAULTIER
2日土曜日。
Londonで再会したあずみが、週末Parisということで
ゴルチエのショーを観にいくことに。









こんな場所にこんな空間が?!っていう感じで
急にでてきた小さな劇場。

ミュージカルを見るたび
いつも途中で眠気がくる私…

若干の不安はあったものの
最初から最後までかなり楽しかった。

ゴルチエの世界観が好きってわけではないのだけど
自分の頭の中を
服だけじゃなく、こんな形でも表現できるってすごいね!!!って
二人で大興奮。

あずみが、ショーの最中かなり興奮してるのが伝わってきて
なんだか新鮮だったな。

この古い劇場も
かなり好きな感じで
途中撮影できないのが残念すぎたー

終わってから興奮したまま、二人でホテルのカフェに移動。



夜は日本人モデルちゃんの自宅のホームパーティーだからとのお誘い
なんだか連日忙しいから今回はお断りしてあずみとお別れ。

でもこのパーティ文化
本当にオシャレする機会が多くて
むしろ今回そんな予定なかったし
着ていく服とかないよーーと
これからのParis訪問
やっぱりもっと、オシャレを楽しまないとね…と、若干反省したりしながら

昼に買い物して預けておいた荷物を取りに、帰り道。



2件とも19時クローズ
間に合うかな…と、ドキドキだったけど
1軒目は19時ジャスト!
お姉さんとバイバイして
早歩きで2軒目。
もう閉まってたけど、明かりがついててちょっと待ってたら、開けてくれたー

なんだかフランスでは珍しく感じる、親切?体験。

予期せぬ夜のサンルイ島。









からの
バスチーユだったけど
途中変な小道に入ってしまい
結局ものすごい道のりを
久しぶりに高いヒールで歩く…

かなり疲れたけど
やっぱりParisの時間はこれが大切。
歩かないとね!!w

寒さも忘れる
なんだか思い出深い夜でした。

| 01:00 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
待ち合わせの前の時間

3年ぶりにあずみと会って語った2日前。

 

なんだけど

あずみが週末パリに来ることになってたというので

午後からあずみに会うことに。

 

昼までは自由時間なので

色々と買えてなかったものとか

なんとなく、パリをフラフラ散歩したくて

一人でフラッとマレ地区へ。

 





















 

このへん

ほんとに何度も何度も通った道で

なんだか懐かしく思えちゃった。

 

余裕のある時間ってとても大切ですね。








 

ランチは一人、サンルイ島のカフェにて。

いつものお気に入りのカフェが満席だった。

でも、オニオングラタンスープにコンフィに、チョコレートケーキ。

なんだかフランスの王道メニューを堪能して

満足でした。




 

冬のパリはいつも曇り空。

雨もパラパラ降ったりやんだりなんだけど

それでもいい。

 

冬のパリの魅力の一つ。

 

| 23:05 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
オートクチュールとミシュランと

今回どうしても探したかったものがあって

イギリスに行ったとき、あずみに相談。

 

オートクチュールにも使われるチュールとかの素材を扱ってるお店を知って

早速行ってきました。

 



 

こそこそ隠し撮り・・・なんだかワクワクする、

ザ・ヨーロッパっていう感じがして

楽しかった〜〜

 

探し物もみつかって

歩いてボンマルシェにいくことに。

 

途中でいろんなショップに入って物色。

やっぱりsoldの期間って最高だな。

 

夜は

なほちゃんのお友達が最近ミシュランで星をとったということで

なかなかそんなところに行く機会もないから

なほちゃんと共に

ミシュランのフレンチを食べに行ってきました。



















 

お友達のシェフはなんと予約当日急な仕事が入ったということで

スイスに行っちゃったんだって。

そしてここ

1ヵ月前から予約をしないとなかなか入れないという話だったからなのか

普通にフレンチを食べにいったのに

私たちなぜか、お友達席?!のカウンターだったんだよね・・・

 

おかげでこんな、裏側を見つめながら。

おいしかったし、シェフたちの必死な姿とかみれて

それはそれで、楽しかったけど。

 

なほちゃんのおかげでなんだかゴージャスな夜を過ごさせていただきました。

毎日おなかいっぱいなんだよね・・・

| 23:55 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
Parisに帰ってきたよ
何故か昼時のユーロスターの予約をしてて
朝からあずみと食事して
何年ぶりかに琴美ちゃんと、娘ちゃんにも会えて!





このステキな空間にもバイバイして



あずみとも、すぐにバイバイ。



この街並みがとってもよく似合う。
さすがです。

私はお店を徘徊しながらチューブの駅へ。



あっという間にParisに到着。



Londonの4日間、毎日お天気だったし
なんとも言えず人が優しい。
寒かったけど、英語だし、親切だし、イギリス人てなんだかいいかもーなんて思って過ごしてきたけど
Parisについたら、なんとも言えない安心感?
慣れってすごい。

帰り道だったけど
もう残り少ないから
途中で降りて、行ってきました。
メインの、お買い物。







いつもは、グイグイくる日本人のマダムがいるんだけど
今日はお休みだったのか
日本人はいなくて
人も少なかったから、ゆったりと店内を回ってお買い物できました。

新作も仕入れたよ〜お楽しみに。

荷物がすごい上に
お店を出たら雨。

なので、帰りはUberをよんだのだけど、
今日のお車はBMW
黒人さん、終始ノリノリ。
Poolでよんでたので
途中で乗ってきたフランス人の女の子も、終始ノリノリで
タクシーの中、英語とフランス語と
なんだかよくわからない盛り上がりでジェーンバーキンを大音量。

疲れたけど、海外のこういうノリ、好きなんだよな。

帰宅後
なほちゃんちについたらなほちゃんの熱烈歓迎。
おじゃましてるのに、なんだかみんなあったかい。



お手製のアップルパイまであって
今夜もお腹いっぱいです…

| 22:35 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
あずみに会いに
3日目
なんだかんだと毎日夜な夜な話したりして遅いから
朝はゆっくりこうけんのおうちで休ませてもらって
昼過ぎから一人で駅に。







中心からは少し離れてるから
こんな感じの住宅街。

レンガのお家
やっぱりかわいいなあ。

駅までの道のり
ポテチがとっても食べたくなって
購入。



今日のメインはあずみとの再会だから
夜まで時間潰しを、リバティにて。





ファブリックはもちろんだけど
ここのいろんなセレクトとか大好き。





ゆっくり店内を見て回ったり
買い物したりして
あずみの家へ。





閉まってたけど
ノッティングヒルは子供服も何だか英国式!ってかんじで
すごく、いい感じでした。





2回目の
何ともおしゃれなアパートメント。

久しぶりにイタリアンをチョイスして
4年ぶり?に、トーク炸裂な私たち。





もうかれこれ8年になるのかな。
まだ独立する前からの付き合いなんだなーと
お互いに、いろんな変化を語りつつ
いつ会っても、刺激的な自慢の友達。

あずみの部屋で猫のミリと3人でおやすみなさい。
沢山喋って笑って
あっという間に寝ちゃったよ。
| 23:10 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
London観光みたいな日


London2日目。

お昼から後輩のこうけんとLondonの街を歩いてベトナム料理でランチ。









ビッグベンが工事中だった。
何だかびっくり。
ちょっとレアな気がしてラッキーな気がしたりもして。





途中立ち寄ったショッピングモールで
インスタ映えを狙った企画みたいなダイエットコーラのコーナーがあったり





カーズに思わず反応しちゃったり。

甥っ子たち、元気にしてるかな。

夜は奥様チウニと合流して
彼女の上司のオススメシーフードを食べる。





帰り道
雪が降って来たよ。

湯布院にも雪が積もって真っ白だったみたい。
少し降る雪は、何だかロマンチックに思えちゃう。

この日は遅くまで3人で話をして
いろんな気持ちがグルグルまわったな。
思い出したことも沢山。
そしてこれからのことも沢山。
大学の時の後輩。
でも、なんだかほんとの弟とか、妹みたいに思えちゃう、ステキな夫婦。

子供たちの写真も撮らずにバイバイしちゃったな。
また次回を、楽しみにしてますね。

| 23:40 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |
Londonにきたよ
28日は早起きしてLondonへ。

ParisからLondon、ユーロスターで行くのは初めて。

まだ真っ暗なParisの街を歩いて北駅に向かい、久しぶりのドキドキ感。



ネットで見ると、イギリスの入国手続きは厳しいとかいてあったけど
空港よりぜーんぜん楽!
ドキドキしてたから安心しちゃった。
荷物もParisに置いてきたから身軽だし
なんだか快適にユーロスターにのりこめた。







到着してから友達のちえこさんの家までの道のり
なんだか久々で色々迷ったけど
無事に到着。

やっぱり英語だと話せないのに何だかんだ安心ね。







相変わらずのステキなおうち。
お昼時だったから
お手製のピザをいただいて
モンマルトルで買ったマカロンも、美味しかった〜

久しぶりに沢山たくさん話して
ちえこさんのあったかさに癒されながら
続々と帰ってくる子供達が
もう18歳、16歳、14歳、13歳、8歳。
男、男、男、男、女の子。

みーんな、玄関から私を見て、Hi!って
なんていい子たち。

日本語で話しかけるとちゃんと通じてるし
英語で返ってくるけどこの感じが最高なのだ。



夕方、こうけんが迎えに来てくれて、しばし、おしゃべりを。





エイミーも相変わらずの美人ちゃん。
8歳になって、髪の毛はロングヘアーになってたよ。

夜はこうけんの家でチャプテェとまぐろ。
なんて贅沢な日々。


| 23:30 | カイガイ | comments(0) | trackbacks(0) |