NAMI's LIFE
75c..NAMIの個人ブログ

伝えたい想い。「変わらない」もの。
大切な人へ・・・
いつでも私は、ここにいるよ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新潟3日間。
1ヶ月ぶりの新潟。
前回は車で岐阜からの移動だったから、新幹線は久しぶり。
今年初めてかも。


移動が大変だけど
飛行機に比べたら新幹線に乗る回数が断然低い私は
やっぱり新幹線のこの感じにちょっと旅気分でワクワクしてしまう。

到着して、打ち合わせ開始。


炭水化物抜いてる=甘いものもダメ

なんだけど
出張中だけは、いいことにしてる。笑

自分もそうだけど
いろんなことが会うたびに変化してる。
いつもいつも最善を目指してる。
そういう想いが伝わってくると、私も一緒にワクワクする。
それが出来上がっていく過程を、自分もイメージできるから。

店舗につくと
具体的に形が見えてくる。
私は頭の中でいろんなものをイメージして作り上げていくのが割と得意だから
人に説明するのは、割と苦手かも。
だけど
絶対に素敵になるんだ〜〜っていう固い誓い。笑

夜は
また美味しいもの三昧。



内山さん
熱で具合が悪くて、この日も微熱があったので、早くに退散。
帰りに崇さんと、かおると送っていただきながら
夜のVeryveryVeryの看板に酔いしれながら、コメダ珈琲にて、語る。

崇さんにもたくさんいろんな話を聞いてもらって
自分の変化をいつも、感じていただいてるから
いつもの何倍もエネルギーに満ちていると言われ
笑えてくるけど、多分本当なんだと思う。

いろんな人が私を支えてくれるから
毎日毎日新しいアイディアやこれからの未来が、楽しみで仕方ない。
あとは、進んでいけばいいだけなんだもんね。

次の日は、朝からみんなと一緒に出勤して
しばらくVeryveryにて、イメージ作りをしながら
フレームの写真を入れ替えてみたりして。
楽しい〜

午後からは、真剣に、打ち合わせ。



ちょっと思い出のカフェに行って、またスイーツ・・・・苦笑
昔内山さんと、初めて語ったカフェ。
この日語ったお話を、私は今でも覚えてて
自分の変化を感じる。
当たり前だけど、この日から、いろんなことが動き出したんだな〜って、改めて。


あとになって、このブログを読み返したら
きっとこの写真がとても大事で
愛おしくなるんだろうなっていう、捨てられたであろう、話し合いの痕跡。笑

夜は、この2人に付き合ってもらって
なんと焼肉食べ放題〜


寒い新潟
食べ過ぎましたが、炭水化物はとってません。

毎日毎日
必死で生きる。
そうじゃなきゃ
生きててもしかたないと、思ってる。
だから、こんな出会いが、とても大切なんだと思う。
わからなくてもがいたり、悩んだり、受け入れたりすることを繰り返していくと
きっと今よりもっと、ずっと広くて深い何かを、見つけられるようになるんだって、思ってる。

急に泊まることになった2日目は
GWだしホテルないかもな・・・・って思ってたんだけど
思いがけずに高層ホテルの26階。
ホテルの部屋でゆっくりイメージを膨らまそうと思って早く帰ったんだけど
期待以上で
新潟の夜景なんて、初めて。


私の携帯写真だからちょっと残念だけどさ
携帯にしてはよく撮れてる。
がんばった。
ちゃんと目に焼きついてるから
やっぱり夜景っていいなと。

朝は
そのままカーテンをあけて寝たから
朝日とともに目覚める。
なんて素敵なスタート♪


朝は朝で
おもちゃみたいな、街並み。

右には海があって
奥には山が見えて
信濃川が長く伸びてて
なんだかとっても、贅沢な気持ちになる。

最初の2日間は雨だったから
3日目まさかの快晴に、今日帰れってことだったんだな〜と、一人ポジティブ?!

朝の打ち合わせは、タリーズにて。



炭水化物しかないからといって
調子にのってパンケーキ。
甘くて、甘すぎたけど・・・・笑
女はビジュアルが大切ですから・・・・

短い時間の打ち合わせ?だったけど
それでも
これから先やるべきことが見えてきた、とてもいい3日間。
自分の長所が活かせる場所があるって、本当に素敵なことだと思うし
感謝感謝でございます。

並行して
今75cもとっても大事な時期だから
きっと相乗効果が生まれるんだと、自分に言い聞かせる。
何かが変わっていく時は、本当にスキがない・・・・とでも言うのだろうか。
余裕はないけど
経験から、余裕は作れる。
あとは、必死で過ごす毎日のなかに
きっと、必死で過ごしてきた私の日々が、助けになってくれる要素をたくさん
詰め込んでいくだけ。

一つ一つ
宝物のような出来事ばかり。
全部を、信じて。


| 00:02 | very | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://eagoma.jugem.jp/trackback/1862