NAMI's LIFE
75c..NAMIの個人ブログ

伝えたい想い。「変わらない」もの。
大切な人へ・・・
いつでも私は、ここにいるよ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ネイルチェンジ

毎月のネイルを変えた後の、ウキウキ感。

カーキの指先も久しぶりに。

湯布院に素敵な自宅ネイルがあって、ほんとによかった〜〜

 

 

| 00:12 | ビューティ | comments(0) | trackbacks(0) |
頭痛ーる

 

湯布院に引っ越して一番衝撃なのが

気圧にめちゃめちゃ左右されるようになったこと。

 

今まで偏頭痛とかないと思ってたし

ストレス性で肩こりから頭痛・・・はあったけど

そういう時はロキソニンでなんとかなった。

 

でも

全然だめなんだよな、こちらでの頭痛。

 

ピラティスに行ったとき

湯布院は山だから

標高が高くて酸素が薄い分気圧に左右される人が多いと言ってた。

 

私の頭痛もそれか・・・・と思ってあきらめてたけど

本当に痛いから

ネットで調べてみました。

 

そして気圧のチェックをした方がいいのだということを知り

早速紹介されてたアプリをダウンロード。

 

頭痛ーるって

なんだかふざけてる気がしたけど

ダウンロードしてみたら

ちょうど昨日の頭痛が始まったころの時間と

気圧注意の時間が同じ。

 

そしていつもは頭痛がすると温泉につかったりしてあっためまくってたけど

血管の膨張によって頭痛が起こるとかなんとか。

だから、あっためるのではなく

冷やす必要があるそうで。

 

なので保冷剤を

こめかみ

首と肩の間当たり

わきの下

いろいろと書いてあった場所に充ててみて

私は、洗顔用の分厚めのへアバンドのと頭の、一番押すと痛いところに保冷剤を固定してみると

朝から動けないほどの頭痛に見舞われていたのに

今は普通になってきた〜

 

一度この頭痛始まると

2,3日ひどいこともあるから

今後は気圧をちゃんと意識して過ごそうと思いました。

 

私の周りには東京でも、いつも気圧に左右されている人がいっぱいだから

何となくブログにアップしてみました。

 

ちなみに一番参考になったサイトはこちらです〜

 

| 13:50 | オキニイリ | comments(0) | trackbacks(0) |
今日もmin@yufuin

目覚ましをかけないで

起きたいときに起きる。

 

仕事をしてると、

子育てをしてると

こんなことが、何よりも幸せだったりする。

 

1年に

何度そういう日があるんだろう??って思うほど。

 

だから

ミンは起こさずに

静かにえあを起こして学校に送り出し

家の掃除をしてたら

少し遅めの時間に、ミンが起きてきた。

 

朝から温泉に行って

肌が違う!!!と、大興奮。

みんなに、ここでゆっくりしてもらいたいなと、思った。

 





 

ミンがくれた写真には

湯布院の景色とか

私の日常が詰まってて

写真ってすごいなあって思ったり

いろんなことを、考えた。

 

こういう時間が

やっぱり必要。

集中して

仕事について悩む時間。

出口が見えないようでいても

ちゃんとつながってる。

ゆっくりでも

決めるときは、ちゃんと。

慎重に。

でも、大胆に。

 

自分のポリシーは

ちゃんと貫く。

そんなことが、

とても大事なんだなと思ったりする時間になったよ。

| 22:45 | ナカマ | comments(0) | trackbacks(0) |
min@yufuin

せっかく湯布院に来てくれたから

おいしいものを食べようよって

おそばを食べに行って

思いのほか、おなかがいっぱい。

 

地鶏そばと

地鶏の親子丼。

 





 

おそば屋さんで話に花が咲き

近くのカフェに歩いたら

紅葉がすごくてびっくり。

 

ミンは雨女と言ってるけど

私は晴れ女といってるから

午後には晴れると思いながらいたけど

本当に雨は上がり

日が差してきて。

 

おなかがいっぱいなのに

もりもりのケーキセットを食べて笑って

帰って娘の写真を撮ってくれたミン。

 

まだ公開はしないけど

久しぶりに

娘の写真をモニターしながら

泣いてしまった私。

 

家の中で

真っ暗にして

外のホテルの外灯だけで撮影をしてて

どんなふうになるんだろ???って

ウキウキ。ドキドキ。

 

夜食べたらはちきれるねと言ってたのに

えあががっつり外食!というので

なぜかうどん屋さんに行き

豊後牛うどんと

とり天うどんと

海老天うどんを食べた。

 

夜は

温泉にゆっくり。

話もそこそこに

寝不足続きだったから

早く寝て、次の日にがっつり話そうねということで。

 

濃厚で

とっても、感謝の時間になりました。

| 23:00 | ナカマ | comments(0) | trackbacks(0) |
雲海

 

高速道路を走りながらなのに

助手席にいた自称、雨女のミンは

こんなにすごい撮影をしてくれた。

 

まだ紅葉には少しかかると思っていた湯布院なのに

東京からもどったら

すごい紅葉でびっくりした。

今が一番の見ごろです。

 

| 22:50 | ニチジョウ | comments(0) | trackbacks(0) |
再会

いつも支えてもらって

いつも刺激をもらってる人たち。

 

気が付けば

あまりにも久しぶりだったけど

変わらないものは

変わらないのだと思う。

 

最高のお天気の日に

久しぶりの再会をして

話して

笑って

今後のことを、考える。

 

いつだって

大きな決断は

小さな決断の積み重ね。

私にいつも

勇気をくれるから

私もちゃんと

前を向いて進んでいこうと思うんだ。

 

 

| 23:45 | ナカマ | comments(0) | trackbacks(0) |
こぼれた、言葉

口にしないと決めている事でも

口にしてしまう時は

自分の感情よりも

誰かに伝えたい気持ちが、あふれる時なんだなって、思う。

 

何がどうということよりも

必死になってみたいとき。

必死になることを

セーブしたりしたくないから

誰の言葉よりも

自分自身を信じることができるように。

 

他人事なんて言ったら

全部がそうだけど

他人事でも

自分のことと思えるぐらい

真剣な人生を

生きていきたいんだ。

 

| 23:18 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |
くされえん

出会いも別れも

人生たくさんあるけどさ

いつを別れにするかとか

分かんないもんだよね。

 

何を知ってるっていえば

そんなに知らないかもしれないけどさ

なんだか

気になったり

だけど

そんなに近くはないけど

それでも遠くもなくて

 

居心地が

いいというほどでもないけど(w)

悪くもなくて

自然体だったりもして。

 

だけど大事なところでは

ちゃんと信頼関係。

 

くされえんて

たぶんそんな感じ?

 

自分にできる事は何もないといいながら

心になんだかちょっとだけ

明るい気持ちをあげれたら

人生の片隅にいても

わりとハッピーだったりしちゃわない??

 

似てるところは

自信過剰なところだけど

それ以外は

全然違うから

それもなんだか

大事な要素。

 

まだまだ分からない人生だけど

幸せだと言えることは

決まってるんだ。

だって

自分のことだもん。

 

どんな時でも

笑っていくよ。

怒られてもね。

 

| 20:22 | トモダチ | comments(0) | trackbacks(0) |
文化祭

娘の文化祭があって

開会式の後

弁論の時間。

 

娘は学年代表で弁論をすることになっていて

100回読んで練習しなさいと先生に言われたと言って

家でも練習してたけど

なんとなく、内容は当日の方がいいねと言って

一度も聞かせてもらえなかった。

 

当日

トップバッターだったけど

ちゃんと声も通るし

堂々と

6分半

弁論を読み上げてた。

 

「中学生活は、湯布院で過ごすか」と言った母の決定は

大成功でした!

 

と、言ってた。

 

まだ始まったばかりの中学生活だけど

毎日があっというまだから

お互いに

悔いのない毎日を、過ごそうね。

 

| 18:11 | カゾク | comments(0) | trackbacks(0) |
今日

 

今日は母親の命日で

妹と一緒に、食事をしながら

最後の写真をみながら

いろいろと思いだす時間になった。

 

偶然なのか

父親から送られてきた写真の中に

母の字が書かれていて

とても、懐かしい気持ちになった。

 

母親という存在は

私たち家族にはきっとものすごく大きな存在で

母親の存在そのものが

私には愛というものを実感させてくれるような

そんな存在なんだなあと

改めて感じたりしながら

 

娘は

ばあばのことをそんなに覚えていないというから

それもまたびっくりだけど

まだ小学校1年生だったから

まあ、そうなんだろうな。

 

私も

小学校1年の時に大好きなおばあちゃんが倒れて入院して

病院での苦しそうなおばあちゃんは

それから7年、8年くらい見てきたけど

やっぱり元気な時のおばあちゃんの記憶って

少ししかない。

 

記憶にはなくても

受け継がれていくものって

あるから。

一緒にうつってる写真には

いつの日かその日をなつかしんだり

自分を知ったりするのに

とても大事なものだから。

 

私はこの仕事をしていて

母親の葬儀の時の写真も

とてもきれいに、素敵に撮影してもらったものが

たくさんあって

やっぱりとても感謝だなと思った。

 

今の自分を

もっとちゃんと、胸を張って母親に報告できるように

頑張りたいなと思った。

 

 

| 22:45 | キモチ | comments(0) | trackbacks(0) |